2本分まであと1枚。

2本目のTopを削り始めました。

Spruceは苦もなく削れます。

逆に削り過ぎに注意です。あっという間に削っちゃいますので。とはいえ,その2本分ってのも,ボディの表面側だけの話(笑。ボディ内部側が残ってます。

これで半分って感じですね。でも,裏側は,厚みだけを意識して削るので,表面側よりも時間はかかりません。

春のような日差しの気持ちのよい札幌です。

11.75inch Archtop 14inch 14inch archtop 15inch Archtop 17inch Archtop archtop Bass Bubinga DEEDEE1 DEEDEE2 DEEDEE3 DEEDEE5 DEEDEE6 DeeDee7 Dimauro Double Cutaway Ebony EF28-70 2.8L Elmarit-M28 Elmarit-R24 Elmarit-R 24mmF2.8 Elmarit-R180 Explorer修理 Flattop gypsy Inlay Keyaki newFD300mm2.8L Noctilux1.0 Nylon Ply Wood model 17inch repair Semi-Acoustic Semi-hollow Summarex85mm Summaron35 SuperAngulon21-3.4 Tailpiece Tools Tuner Walnut White Sycamore model 17inch アーチトップギター製作 ギター製作 左市弘

Arch

Arch。

とりあえず,こんなところかな,,,という感じまで来ました。

ランダムサンダーで軽く撫でてカンナの凸凹を取ったところで記念撮影。

先日,「一体どんだけ時間を掛けてんだ?(笑」と,SNSで海外からツッコミを入れられました。

うーん,確かに。

数週間ぶりに何もない休日に,それを思い出しました。

「効率」。

日頃から,僕たちはそのことばかり考えていますよね。

受験勉強も,企業が発展するのも,お金持ちになるためにも,「そこ」が重要ですよね。

なのに,気に入ったアーチに削り出すためだけに,これだけの時間を掛ける事に何の意味があるんだ?と問われた気もしましたが,多分それは気のせいだと思っています。

なぜならツッコミの主も,楽器製作者でしたから(笑。

アーチトップの製作の効率化?,,うーん。

多分たくさんの製作者が挑んでいますよね。CNCやたくさんのジグ。

でも僕のようなパートタイムLuthierは,その大切な「効率」さえ無視すれば,こんなに面白いことが出来るんだ!(笑)とも言えますよね。

時間を忘れて弾いてもらえるような楽器を作りたいです。なーんちゃって(笑。

突然吹雪出した札幌です。

11.75inch Archtop 14inch 14inch archtop 15inch Archtop 17inch Archtop archtop Bass Bubinga DEEDEE1 DEEDEE2 DEEDEE3 DEEDEE5 DEEDEE6 DeeDee7 Dimauro Double Cutaway Ebony EF28-70 2.8L Elmarit-M28 Elmarit-R24 Elmarit-R 24mmF2.8 Elmarit-R180 Explorer修理 Flattop gypsy Inlay Keyaki newFD300mm2.8L Noctilux1.0 Nylon Ply Wood model 17inch repair Semi-Acoustic Semi-hollow Summarex85mm Summaron35 SuperAngulon21-3.4 Tailpiece Tools Tuner Walnut White Sycamore model 17inch アーチトップギター製作 ギター製作 左市弘

左市弘

左市弘 8分追入ノミ。

ノミの写真その2。

左市弘のノミは憧れでした。でもとても高価なことでも有名でしたから,10本組とはいかず,ある時,とうとう決心して8分ノミ1本を注文しました。

けれどしばらくして,注文先の金物屋さんから連絡が入り,「山崎さん(鍛冶屋さん)が亡くなられて廃業することになったので,新しいのはもう手に入らない。自分のとこに新品が1本在庫があるから,これでもよければ,,」。

なんてタイミングだったんでしょ。

でも,希望通りの黒檀柄のこれが送られて来ました。

目の覚めるような出来栄え。

それほど詳しいわけでもない私の目で見ても,一線を画すものでした。それ以来,いつも手の届くところに置いて普段使いにしています。

豆カンナの削り屑。どんどん盛り上がってます。
2月とは思えないプラス気温の続く札幌です。

11.75inch Archtop 14inch 14inch archtop 15inch Archtop 17inch Archtop archtop Bass Bubinga DEEDEE1 DEEDEE2 DEEDEE3 DEEDEE5 DEEDEE6 DeeDee7 Dimauro Double Cutaway Ebony EF28-70 2.8L Elmarit-M28 Elmarit-R24 Elmarit-R 24mmF2.8 Elmarit-R180 Explorer修理 Flattop gypsy Inlay Keyaki newFD300mm2.8L Noctilux1.0 Nylon Ply Wood model 17inch repair Semi-Acoustic Semi-hollow Summarex85mm Summaron35 SuperAngulon21-3.4 Tailpiece Tools Tuner Walnut White Sycamore model 17inch アーチトップギター製作 ギター製作 左市弘

五十肩

「正道」銘 丸ノミ。
ルーペで拡大してやっと読み取りました。
20年くらい前に入手した初めての丸ノミです。豆カンナと併用。

実は正月明けから「50肩」になってしまいました。
寝返りをうつのも大変って,話には聞いていましたが,実際数日はそんな感じでした。ノミどころか豆カンナも使えない。っていうか服を着替えるのも一苦労なんですね。身をもって知りました。いやー,体が普通に動くってだけで,感謝,感謝です。

てな訳で,作業台の上に乗せたままのこのMaple,少しずつ右手を動かすための練習台になってはいましたが,まだコンプリートしてません。でも,最終的なアーチの姿が見えてきました。
もうちょっとですね。

11.75inch Archtop 14inch 14inch archtop 15inch Archtop 17inch Archtop archtop Bass Bubinga DEEDEE1 DEEDEE2 DEEDEE3 DEEDEE5 DEEDEE6 DeeDee7 Dimauro Double Cutaway Ebony EF28-70 2.8L Elmarit-M28 Elmarit-R24 Elmarit-R 24mmF2.8 Elmarit-R180 Explorer修理 Flattop gypsy Inlay Keyaki newFD300mm2.8L Noctilux1.0 Nylon Ply Wood model 17inch repair Semi-Acoustic Semi-hollow Summarex85mm Summaron35 SuperAngulon21-3.4 Tailpiece Tools Tuner Walnut White Sycamore model 17inch アーチトップギター製作 ギター製作 左市弘

豆かんな。

丸ノミとチェーンソーブレードで荒っぽく削ったので,ランダムサンダーでまずはガタガタを取りました。#40のペーパーを2枚消費。

これからアーチを整えて行きます。まだちょっと厚めでしたね。もう少し攻めたい気持ちもありましたが,まぁまた手作業で進めます。

ガレージが寒すぎて,外にいたくないんで(笑。

縁周りを仕上がりに近づけてからアーチを整える方が見通しが立っていいですけどね,ボール盤の調子が悪くてSafty Planerを使うのを途中でやめました。

無理は禁物。

非力な機械なので,この刃を使うには無理があるんだと思います。

日が暮れた頃,まだこんな感じ。

ライトを斜めから当てて,凹凸を確認しながら進めます。また指が水ぶくれになりそうです(笑。

珍しく晴れた札幌です。

Dearmond FHC

Dearmond FHC. 1954

こんな風にカバーを外さなくても,ピックガードの下に差し込む突起の部分に2桁の数字が入ってる(これの場合は”54″)ので,製造年は簡単にわかりますよね。

この個体はケーブルの被覆がボロボロになって付け根の辺りがダメになっていました。

それに伴い,ケーブルとコイルのニクロム線の断線。テスターを当たったら,ちゃんと抵抗値が出ましたので(8.6kΩ),生きているようです。

Dearmondのこれらアーチトップ用のピックアップは多分どれもポッティングされてませんよね。そのことが音色にも現れてるような気がします。シングルコイルなのに高出力。当時,かなり高価だったようですよね。作りは綺麗。

ちゃんと直して,今度のモデルに搭載しましょうか。ケーブル,当時のものを使うか,新しい新品に替えるか,考え中です。古いDearmondのシールドケーブルを持っているので,必要な長さに切って使ってるんですが,耐久性はどうなんだろ,,とか。

聞き分けられる自信はないのですが,使うケーブルで「音が変わる」っていう人もいらっしゃるので,,,はて,どうしたもんでしょ。

どちらにしても,このFHCの音は大好きです。

RhythmChief 1100とかと違ってToneがないのですが,ボリュームをちょいと絞ると丁度良い甘いトーンになりますよね。

SuperAngulon21mmF3.4

いつも撮影には,Sonyのデジカメにアダプタリングを介してこんな古いレンズを使ってます。

Sonyさんには悪いんですが,オートフォーカス機能は一度も使ったことがありません(笑。専用のレンズ,持ってないんで,,。

フィルム時代のレンズですが気に入ってます。

他にも何本か使うのですが,付け替えるのが億劫で最近こればっか,,,。何せ狭い工作室なので,このくらいの画角がちょうどいいんですよね,,,って,新しいレンズも使ってみたいとは思ってるんですが,,,。

おすすめ,ありますか?。

Chain saw blade

新年らしく,新しい道具を使ってみました。

例の「超危険」チェーンソーブレードをつけたグラインダーで,Mapleのアーチ削り出しです。これはコードレスなので取り回しも楽ですね。今までは100V仕様の普通のを使ってました。

スピードコントロールは,「悪くない」ですが,低速だとかえって引っかかる感じがあるので,トップスピードよりちょっと落としたくらいが良かったです。それにしても,,,手前半分を荒っぽく削りましたが,これでほんの5分程度(笑。

丸ノミで削った上半分は数日,,,。

今年も楽しんで行きましょう。そうしましょう。

明るい日差しの差し込む札幌です。

Collings Backside.

Tail Piece By “Collings Guitar”, for ‘EASTSIDE model.

米国テキサスのCollingsのArchtopのテールピースの裏側は,僕にとっては衝撃的でした。

おそらくはCNCで加工されているであろうこのEbonyのテールピースの「アース取り」。

ケーブルではなくブラスの薄板が綺麗に埋め込まれています。凄すぎる!!。恐ろしいほどの完璧な加工。デザインも美しい。上はGibsonの割と近年のテールピースですが,Collingsはなんてモダンなんでしょう。

もう何時間も呆然として眺めています。

明るい曇り空の札幌です。

Curving

削って削って。

まだまだこれからですが,そうしているうちに何となくアーチが見えてきます。膨大な削りカスの中から,最後に「何だ,,普通じゃん,,」って感じに自然なアーチを描いていくのを見るのが好きです。

今シーズン,初めて雪かきをした札幌です。